今からできる資産運用!個人型確定拠出年金のススメ

個人型確定拠出年金(イデコ)とは

個人型確定拠出年金(以下イデコ)とは、法律で定められた制度を使ったお金の運用の一つです。
老後生活を支える年金として、「私的年金」「企業年金」「公的年金」の3つがあり、イデコは「私的年金」にあたります。
平均寿命が伸びてきていたり、少子高齢化の今、将来支給額が減ったり、支給開始年齢が遅くなる可能性が出てきました。
また、働き方の多様性により、フリーランスや自営業の方も増えてきています。
現状ではフリーランス、自営業の方々の老後の保障は会社員と比べて、十分とは言えません。
「企業年金」「公的年金」だけに頼らず、しっかりと自分のお金は準備する、自己防衛の為の制度と言えます。
また、イデコに加入すると、税金が安くなるなどのメリットもあります。利用しない手はない制度です。

イデコのメリットとは

まず一つ目に、税金が安くなります。
掛け金が全額、「所得控除」の対象になります。課税所得と掛金によって差し引ける金額は変わってきますが、所得税、住民税が安くなります。
課税所得の多い人や、掛金が多い人ほど節税の効果は上がります。
また、イデコは60歳はで引き出すことができないので、早い時期から始めるほど、節税効果が高くなります。
二つ目に、運用益は非課税です。
通常、預金や投資信託などは運用益に約20%課税されますが、イデコで運用している資産の運用益は非課税です。
運用益をそのまま再投資できる為、効率的に資産を増やすことができます。
三つ目に、イデコを受け取る時にも、控除が受けられます。
年金で受け取る時は「公的年金等控除」、一時金で受け取る時の「退職所得控除」があります。
金額や加入期間によって、どのように受け取るとお得なのかは変わってきます。節目節目で試算するのがよいでしょう。

© Copyright Contribution Of Pension. All Rights Reserved.