老後資金の準備はできていますか?

利益に課税されない老後資産運用

誰にでも老後がやってきます。自営業や士業の人などは一生働くから関係ないと将来の生活費を気にしない人もいるようです。サラリーマンとなると定年があるので一生働けるかどうかわかりません。もちろん自営業の人も健康状態によっては働けない時があるので、やはり老後の生活費を準備しておく必要があります。老後資金の準備の方法として、銀行預金や投資信託、株式や不動産などいろいろな方法があります。すべてに共通しているのは利益が出れば所得税が課せられる点でしょう。でも税金が課されない老後資金の準備方法があります。それが個人型確定拠出年金の利用です。かつては自営業者が主な対象でしたが、今はサラリーマン等多くの人が利用できるようになりました。

所得税の節税をしながら老後資金の準備

サラリーマンが負担しているようであまり認識がない税金として所得税があります。給料をもらうと必ずかかる税金ですが、毎年どれくらい払っているか認識している人は少ないかもしれません。源泉徴収と年末調整で申告と納税が完了しているので、払っている感覚がないのでしょう。必ず払わないといけない税金ですが、所得控除などができれば払う税金を減らせます。個人型確定拠出年金を利用するとき、拠出額は全額所得控除になります。つまり、所得から拠出分を減らした額に対して税率が課されます。サラリーマンであれば1年で10万円から20万円近く拠出できるので、その分の所得を減らせます。拠出額は将来的には年金として受けられるので、かなりお得な仕組みになります。

© Copyright Contribution Of Pension. All Rights Reserved.