老後の資金に不安な方必見!イデコのメリット

初心者向けで節税メリットが大きい

低金利の日本ではネット銀行でもせいぜい0.3パーセントという金利のため、100万円を年0.3パーセントの定期預金に20年預けても105万円程度にしかならないのが現状です。消費税の増税分すら補うのも困難になります。そのため、少しでも資産を増やしたいと考えるのなら、価格変動があり元本割れもあり得ますが、金融商品に投資するのも一つの方法です。リスクという言葉に抵抗はあるものの、老後資金確保のために増やしたいということであれば、投資初心者の味方になってくれるイデコの制度を活用する方法もあります。イデコで金融商品に投資する最大のメリットは税制優遇を受けられることです。投資して利益を得ても所得控除になりますし、イデコは掛け金も対象になります。

リスク分散できる積み立て投資が前提

イデコは長期かつ積み立て投資が前提となっているのもメリットになります。価格が安い時に購入し、高い時に売却できることは理想的な投資ですが、そのあたり外れは大きくなります。一方、長期の積み立て投資は短期的な価格変動の影響は受けにくく投資経験やプロ級の知識がなくても元本割れリスクを減らすことが可能です。仮にリスク性資産のピークの時につかんだとしても、経済的に価値のあるリスク性資産ならば購入した価格を回復し上回る傾向が強いので投資初心者にも適しています。イデコではそれぞれの働き方により掛け金の上限が設けられていますが、最低投資額は5000円から可能なので、小額からスタートして資産価格の変動に自分自身がどう感じるかを理解しながら、少しずつ増額していくこともできます。

© Copyright Contribution Of Pension. All Rights Reserved.